これからの賃貸経営について思うこと⑥

前回は、「選ばれる賃貸」について触れました。

もう少し考えてみたと思います。

「選ばれる」というのは「差別化」ということです。

差別的優位性」という言い方もあります。

要は、ライバルと比べて、いかにユーザーに支持してもらえるポイントがあるか、ということです。

賃貸物件の一番の「差別的優位性」は「立地」でしょう。

「駅に近い」「スーパー、コンビニに近い」「海が見える」「職場に近い」「学校に近い」・・・。

「立地」は動かしようがありませんが、一方では、それが本来の需要ということになると思います。

その場所で部屋を探す人が多い、いわゆる「良い立地」の場合は、コストコントロールをきちんとできれば賃貸経営は成り立つと思います。

問題は「良くない立地」の場合です。

これからの賃貸経営で考えなくてはならないのは、まさにこの「良くない立地でどう賃貸経営するか」、ということです。

2つのアプローチがあると思います。

1.「良くない立地」を逆手に取る

丘の上にあるのであれば、見晴らし、日当たりを利用した建て方をする。

駅から離れた大きな道路に近い場所では、駐車場を2台使えるようにする。

公園の近くなどでは、ペットと一緒に暮らせる工夫をする。

というようなことです。

同じことを考える地主さんは他にもいますので、近隣の物件と比べて、明確な「差別的優位性」が必要になります。

また、うまくいくとすぐ真似をされます。

真似されにくい工夫も必要です。

 

2.「ピンポイントの需要」を掘り起こす

もうひとつは、ごく限られた人を対象にしてしまうことです。

最近はガレージハウスや、ボルダリングができる賃貸、オーディオ環境に優れた賃貸などがあります。

「ピンポイント」に特化することで、実は広いエリアからから集客できます。

当社も、デザイナーズ物件、防音室のある物件を企画開発しましたが、入居された方のほとんどは、藤沢でお部屋探しをされた方ではなく、「東京まで1時間で、◯◯な部屋」のような探し方をされていました。
 →当社企画開発物件「ハナミズキ」

極端なことを言うと、6室の賃貸を作ったら、6人の方に住んでいただければ良いのです。

それくらい尖がったら、面白いと思います。

うまく作れば、相場以上の賃料を確保できると思います。

 

「その立地」で、「どんな人」に、「どんな住まい方」をしてもらうか、というシナリオを明確にすることは、これからの賃貸経営ではとても大事なことだと思います。

規格化された大量生産の賃貸住宅は、見た目は良いですが、実は長期間で見れば「差別的優位性」のない物件です。

いずれ供給過剰に陥り、価格競争にさらされる可能性が高いと思います。

 

藤沢も、新築物件ラッシュになっています。

おかげさまで人口が増えている地域なので、今はまだ新しく出来てもとりあえず満室になる状況にはあります。

ですが、いわゆる湘南の中心ともいえる鵠沼や片瀬でも、全国どこにでもあるありきたりの賃貸物件が増殖しています。

せっかくの湘南ブランドを地主さんが自ら放棄している・・・。

チャンスはたくさんあるのに。

とても悲しくなります。


これからの賃貸経営について思うこと⑦へ →→→ こちら

今までの「これからの賃貸経営について思うこと」は
→ こちら

(※本記事はあくまで私個人の考えです。)

Tagged on: