これからの賃貸経営について思うこと⑬

天気が長続きしないですね。

また台風が接近しています。

藤沢でも、その影響で今日は強い風でした。

当社前の街路樹のきんもくせい、きれいに咲き揃っていましたが、雨と風でだいぶ落ちてしまいました。

道路に、スプレーをしたようです。

20161003


 

今日は、賃貸経営を始める年齢について考えたいと思います。

今、新たに賃貸経営に取り組まれる方は、50代~60代の方が多いように思います。

サブリース会社、ハウスメーカーの土地活用セミナーに行くと、もっと年配の方も見かけます。

賃貸経営は、30~40年にわたる長期の事業です。

年配の方が始めても、いつまで自分でやっていけるのでしょうか?

ここでは、信頼できる不動産屋ではなく、賃貸経営を引き受けてくれる後継者が必要になります。

残念ながら、当社でお手伝いしている大家さんの中には、お子さんが、全く賃貸経営に関わろうとしない方もいます。

何かトラブルがあったときは、大家さんがまずは駆けつけるのが一番なのですが、階段が登れないためだけに、当社に対応を依頼してくる大家さんもいます。

やっぱりどうしても、入居者対応、維持管理が後手後手になって来ます。

大家さんに何かあったり、判断が鈍くなったりしたらどうするのか、とても心配になります。

そう考えると遅くとも40歳までのうちに、賃貸経営を始めるのが良いと思います。

少なくとも、40歳くらいまでのご家族が、積極的に関わる意思をお持ちのことを、確認していただきたいと思います。

相続のために良かれと思ってしたことが、お子さんの重荷になってしまうこともあります。

 

サブリース会社のウリは、「長期一括保証契約で、そういう一切の面倒はない」、ということですが、判断能力が落ちた状態では、業者の恰好の餌食です。

賃貸経営は、建てておしまいではなく、建ててからがスタートです。

建物を取り壊して更地に戻すまでの事業です。

長期の視点でじっくり取り組む覚悟が必要だと考えています。

 


これからの賃貸経営について思うこと⑬へ →→→ こちら

今までの「これからの賃貸経営について思うこと」は
→ こちら

(※本記事はあくまで私個人の考えです。)

Tagged on: