林先生、その説明、合ってます?

午前中の予定が早く終わったので、お誘いいただいていた宮前ローカルサイトでランチへ。

テーブルにはホトトギスソウが飾ってありました。

一般の方も利用できます。

 


 

先日も新聞広告に出ていた「おしえて林先生!

今日の朝刊では、「アパート経営は、超低金利のチャンスを生かし、リスク対策もしっかりと!」だそうです。

←クリックで拡大20161021

低金利だと、お得とのことですが、それは、価格が変わらない場合ですよね?

金利が3%の時よりも、金利が1.5%に下がった今、建築費ははるかに高くなっています。(私の感覚では10%~20%程度上がっています。)

「資金面で考えれば」って書いていますが、前提条件を確認しないままで大丈夫ですか?

現金で買えば、そもそも金利計算は必要のないことですが…。

 

また、「一定の家賃収入を保証」と書いてある一方で、「借上げ賃料は変動することがあります」とあります。

これって誰の「リスク対策」なんでしょうか?

 

「おしえて林先生!」

 

 


「これからの賃貸経営について思うこと」は
→ こちら

(※本記事はあくまで私個人の考えです。)

Tagged on: