こわい

大雪の山形から藤沢に戻りました。

新幹線の乗換え駅までの列車が遅れ、駅員さんからは接続を待つと聞いていたにも関わらず、到着と同時に乗るはずだった新幹線が発車。

雪の吹き込むホームで次の新幹線を待つというアクシデントがありましたが、無事にたどり着きました。

帰省してからしばらくは、標準語が不自由になります。

「こわい」というのは、恐ろしいということではなく、「疲れた」という意味です。