新型コロナウィルス感染症拡大防止への取り組み→→→こちら

売買担当・村山のお仕事 その弐

先日お客様様から、

「安くてお買い得な築浅の

中古戸建がでたらいいなあ

出たら教えてください!」

とご要望がありました

 

掘り出し物のような、目玉物件!?

あるのかないのか。。。

 

あらゆる不動産に対して

サポートしていくのが

わたくしたちのお仕事

 

せっかくのマイホーム、

購入するならお得感が

あるものをお求めになる気持ち、

よーく分かります^^

 

しかしながらわたくし、残念ながら

今のところそういう築浅中古に

出会ったことがありません

 

ちょうど先日、築3年の中古戸建の

売買に携わりましたが、売買金額は

購入時よりも高い金額で出さざるを

得ませんでした

 

何故?なのか、これには

からくりというか

必然的な事実があるんです

こちらを例にとり、解説して

みようと思います

 

今回の案件、新築時の購入金額が

4,980万円でした

 

購入時の諸費用を、平均値として

物件価格の8%として約400万円

 

購入時にかかった費用は

合計約5,480万円です

 

お借入金額が物件価格と同じ

4,980万円

 

当時フラット35にて借入れ

金利2.075%

35年間・420回返済で計算すると

月々166,893円

 

そのうち金利は約48,321円

元本は118,572円

 

元本118,572円×12か月

年間は約142万円です

 

そうです、その程度しか元本は

減りません

 

築3年であれば142万×3

約426万円

 

3年で諸費用分しか支払えて

ないことになります

 

しかも、3年間で支払った

ローン総額は

月々166,893円×12ヶ月

×3年で約600万円!!!

(内、元本は約426万円)

 

そして、お家を売却する際も

諸費用が掛かります

 

そうなのです。購入時も手数料が

かかりますが売却時も必要なのです

 

売却時の諸費用等 約180万円

(4,980万円で売却した場合)

 

すなわち、購入と売却の合計は

4,980万円

 +400万円

 +180万円

総額 約5560万円

 

支払った元本 426万円を

差し引いても5,000万オーバー;

 

そうです、築浅ほど、

売る側のデメリットが大きくて

購入時より高く売却しないと赤字なのです

 

新築より高い金額で

築3年のすこしだけ生活してしまった中古、

売れるか売れないか?

 

掘り出し物の金額では出せない理由が

ひらたく計算すると見えてきます

 

ただね、もしそんななかで

築浅の掘り出し物に本当に!?

出会ったらもちろん即買いですね^^b

 

 

不動産購入って大変ですし

骨が折れますね

今回の一例は築浅中古ですが

他の不動産のご検討に関しても

 

例えば土地からのご検討とか、

売主様が個人の中古戸建とか、

そのひとつひとつに併せて

サポートさせていただいております

 

わたくし、そんなご縁を大切に、

みなさまに幸あるお手伝いを

させていただければ幸いです

 

トップへ戻る