新型コロナウィルス感染症拡大防止への取り組み→→→こちら

お仕事 その肆 「地球のいちぶ」

家を買うか、このまま賃貸でいくか

将来的には不動産を所有したいけど

なかなか勇気のいる買い物です

購入となると、いろいろなことを

想定しなくてはなりません

 

とは言え、不動産屋さんに行くと

「思い立ったが吉日です!

さあ、契約しましょう!^^」

と、言われてしまいます

 

やれやれ、私も以前は上司の手前

言わざるを得ない、そんな時期も

ありました

 

ひとりひとりの購入までの道のり

それはひとそれぞれです

 

ただひとつ、いいものに出会ったときに

前に進む気持ちと勇気を

ほんの少しもって

お探しになるといいかもしれません

 

と、いつも口癖のようにお伝えしております

かく言うわたくし

 

わたくしも不動産購入は45歳でした

ただ一つ言えるのは、自分の過去を

振り返ってみてみて

もったいなかったなあ、と気付いてしまった

ことですね

 

仮に、30歳で購入していたとします

家賃8万円の賃貸であれば1年で

8万円×12か月=96万円;

約100万円です

 

更新料やその他経費ももちろんありますので

ざっと計算しても45歳になったら15年

なんと1500万円オーバー!?

 

もったいないけど仕方ない、過去には帰れません

そうです、生きていくには住まいに

お金がかかるのです

 

振り返って、遅かったなーとつくづく実感

不動産屋さんに煽られて勢いで購入~って

いうのも、わたくしだったらよかったのかも

スタートは早いに越したことはありませんね

 

とは言え、納得のいくものを購入したいですよね

そして予算も大事、月々の支払金額は決して

背伸びしてはいけません

 

こういう時こそ!?親のすねをかじるとき

ご予算に関しては、ご両親様にもご協力を

お願いしてもいいかもしれません

 

しかしながらその親御さんの介護とか

お子様の教育費やクルマの購入

そして自分たちの老後などなど

 

考えること盛りだくさんですね

お子様の意見やご両親様が近くにお住まいなら

一緒にお探しになる方がいいと思いますよ

 

黙っていたら心配するのが親心

口をはさみたくなるものです

そう、うまくご意見もきいて

援助もしてもらいましょう

 

援助がないならはなし半分?!

そうもいかないかな^^;

 

そんな感じで、人生の主役は

そうです、あなたさま

 

わたくしたちは名脇役として

不動産探しのサポートを致します

 

終の棲家としてのお家

パッと想像できませんがそんな目線も

なんとなく想定して

メガホンを持って

用意スタート!

さながら映画のように~

はたまた大河ドラマのように

そうです、不動産を所有することは

「地球のいちぶ」を手に入れること

ドラマがあって当然ですね

 

 

 

わたくしたちの仕事は

あらゆる不動産に対して

サポートさせていただくこと

 

不動産購入って大変ですし

骨が折れますね

今回の一例は購入についての心構え

ご検討の不動産がございましたら

どうぞご相談くださいませ

そのひとつひとつにあわせて

サポートさせていただきます

 

わたくし、そんなご縁を大切に、

みなさまの幸先のいいドラマを演出

出来たらこの上なく幸いです

トップへ戻る