新型コロナウィルス感染症拡大防止への取り組み→→→こちら

お仕事 その拾 「変化球」

日々、いろいろな物件を
みていると、少し変わった?というか
変化球のものがあります

例えば、弥勒寺の分譲地の中で
南道路や整形地や角地はど真ん中
まっすぐストレート

そうではないもの
立地はいいけれど北道路や
旗型の敷地なんかですと
内角低めのカーブ

日当たりが悪かったり
がけ地や造成に費用がかかる
なんてのは外角高めスライダー

ストレートは誰でも打てるので
ホームラン!価格は高いですね
カーブはうまく打てれば三塁線
抜けてクリーンヒット!割安感ある感じ

スライダーは打ち損じれば
ぼてぼてか空振りですが
うまあく打てれば2~3塁打!
大化けするときもあるかも^^

真っすぐを待つか
変化球をうまく打つか
テクニックで丸め込むか

2刀流でもできたら投げるも
打つのも何でも来い!
ですがなかなかそうはいかないものです

そんな物件を見る目として
気を付けてほしいのが「権利関係」です

検討している敷地までのあいだに
ときどき、隣接の敷地を利用する
物件があります

隣の敷地は、もちろんお隣さんのもの
ですが道路や埋設された水道管が
お隣さんの敷地を通過している
場合があったりします

先日のお客様、
購入した物件が私道に面して
持ち分はなく通行承諾のみ
公道に接している通路はありますが
2m以下の細い通路で
建築確認は取れずに水道の引き込みのみ
尚且つもともと大きいその土地を
業者が購入して2分割に@@
水道の通路を2区画で共有名義として
持ち分を持たせて管理は2者で
その部分は舗装も何もしておらず草ぼうぼう

わたくしでしたら間違いなくお勧めしない物件
ですが、ご本人たちはとてもご満悦です
購入されたあとから知った手前、何も言う
権利もありません。。。

しかし
コントロールが良ければ
そんな球でも将来に向けて対処できる
場合もありますが
悪送球してしまって取り返しの
つかない状態のものになると大変です

たとえ話ばかりですが、
とくに道路と水道については
不動産を選ぶ際に注意して
おかなくてはなりません

私道であれば持ち分が有るか無いか
水道については他人地を通らず公道から
新規で引き込むことができるか出来ないか
最低でもこのふたつはご注意くださいね

そんな変化球があるのが不動産
ひとつひとつの不動産も
よくよく見てみると違いがあるものです

ご検討されている不動産について
気になるところがありましたら
実際に行ってみてチェックをしたり
わたくしの^^目線で
アドバイスできればと思います
いつでもご相談くださいね^^

わたくしたちの仕事は
あらゆる不動産に対して
サポートさせていただくこと

不動産購入って大変ですし
骨が折れますね
今回の一例は周辺の権利関係を
確認して物件を選ぶこと

ご検討の不動産がございましたら
どうぞご相談くださいませ
そのひとつひとつにあわせて
サポートさせていただきます

わたくし、そんなご縁を大切に、
みなさまの幸先のいい人生を後押し
出来たらこの上なく幸いです

トップへ戻る