新型コロナウィルス感染症拡大防止への取り組み→→→こちら

お仕事 その参拾伍 「重説」拾・後編

スタッフブログ売買お役立ちブログスタッフM.Mのブログ

さてさて今週も、

【ご購入の際の切っても切れない

契約の前に読みかわす大切な書面

「重要事項説明書」長編シリーズ】

 

文章で伝えることはたいへん

ムツカシイのですが

少しずつ紐解いていこうかと思います

 

それでは先週の続きです(^_^)/~

 

(10ページ目)重説⑩211107

 

先ずはおさらい

今回の10ページめは

・大きい項目(Ⅱ)「取引条件に関する事項」の

小さい項目(1)「代金・交換差金及び~」について

(先々週はここまで)

・小さい項目(2)「代金・交換差金以外~」について

(先週はここまで)

・小さい項目(3)「契約の解除に関する~」について

・小さい項目(4)「損害賠償額の予定または~」について

 

ではでは続きを見ていきましょう

三項目め

小さい項目(3)

「契約の解除に関する事項

(契約書(案)添付の上説明)」

 

こちらもこの度の契約にかかる

内容の確認ですが、

「解除」に特化した項目ですね

 

ポイントとしては

「契約」をすることについて

「買主」は一般的に個人です

 

個人のみなさまに対して

なんの被害もないように

間違いのないように

安心して購入できるように

 

そういった目的のものが

この「重説」であり

かつまた「契約書」にも

たくさんの項目を作っています

 

そうです

「買主」のみなさまを

守るための書類なのです

 

そのいわゆる「解除」については

なんと6項目もあります

 

売買契約書の説明は

またの機会に致しますが

きちんと条文があり

その各内容を指しています

 

かいつまんで~簡単すぎるかも

しれませんがざっと説明しますと

☆手付解除とは

手付金を放棄することによって

契約をやめることができる~

といった内容

 

☆引渡前の滅失・損傷の場合の解除とは

契約をしてから

決済(代金を支払って登記を完了すること)の前

までの間に

例えば大地震が起こって

お家が崩壊してしまったら

解約できますよ~

といった内容

 

☆契約不適合を除く契約違反による解除とは

契約書に記載している決まり事

例えばローンの手続きを

いついつまでにしましょう、等々

を怠ってきちんとしなかった場合

契約違反ですよ~

その際は違約金を支払わなければ

なりませんよ~

といった内容

 

☆反社会的勢力の排除条項に基づく解除とは

もし、「売主」または「買主」が

反社会的勢力の方々だった!?場合@@;

契約は白紙になりますよ~

といった内容

 

☆融資利用の特約による解除とは

銀行からお金を借りる審査が

うまくいかず決められた期限までに

はっきりとした承認が受けられなかった場合

契約は白紙になりますよ~

といった内容

 

☆契約不適合責任による解除とは

誰も知らないところでの不具合

(新築はあまりないんですよね、、、

地面が陥没して家が傾いたりとか@@かな

また中古住宅の場合はシロアリ等の被害が

「後から」発覚したりとか、等々

があってこのお家にもう住めません~

そんなときは契約を白紙にしましょう~

といった内容

 

(☆借地権の場合は斜線を引いていますので

今回は当てはまりませんので割愛しますね)

 

どうでしょう

多岐にわたっての「解除」コーナーです

今どきの内容も含めてますね

様々なケースに対しての決めごとです

 

これもまた全項目と同様に、

契約書を読み交わす前の予備知識

「重説」と「契約書」は連動している

といったこととも言います

 

併せて、次の四項目め

・小さい項目(4)

「損害賠償額の予定又は違約金に関する事項

(契約書(案)添付の上説明)」

 

こちらについても前項と同様です

かいつまんでざっと説明しますと

契約書に記載の約束ごとに

反してしまったときは

罰金としていくらいくら~

といった詳細を今のうちに

決めておきましょう

といった内容

 

ということです!

このページちょいと長かったですね~

お疲れさまでした!

 

こちらまでが10ページ目の内容です

m(__)m

 

 

 

土地や建物を購入する最大の目的は

対象地に住まうこと

その目的に適うものか

を確認しないといけませんね

 

わたくしたちが住んでいる地域の

一部には家が建てれない地域があります

もし家を建てる目的で購入して万一

建てて住めなかったら、大問題ですね@@;

 

そんなことがないよう

当たり前のことですが

地域のことを理解し活かせるよう

確認をするのが「重要事項説明書」

 

すべての土地にいろいろな

ルールがある

と認識していただければ

と思います

 

 

 

ひとりひとりの人生がすべて

違うように

ひとつひとつ

すべての不動産に同じものはありません

 

ご検討されている不動産について

気になるところがありましたら

実際に行ってみてチェックをしたり

わたくし^^の目線で

アドバイスできればと思います

いつでもご相談くださいませ^^

 

不動産購入って大変ですし

骨が折れますね

今回の一例は、

「重要事項説明書」に関すること

 

ご検討の不動産がございましたら

どうぞご相談くださいませ

そのひとつひとつにあわせて

サポートさせていただきます

 

わたくし、そんなご縁を大切に、

みなさまの幸先のいい人生を後押し

させていただければわたくしも

嬉しい限りです^^

 

 

 

トップへ戻る