新型コロナウィルス感染症拡大防止への取り組み→→→こちら

お仕事 その肆拾弐 「重説」拾弐~拾肆・その②

スタッフブログ売買お役立ちブログスタッフM.Mのブログ

さて今週も

【ご購入の際の切っても切れない

契約の前に読みかわす大切な書面

「重要事項説明書」長編シリーズ】

 

最終場面・大詰めを迎えております

説明する側も説明される皆様も

たいへんな「重説」ですが

もう少しです!お付き合いくださいね!

 

それでは参りましょう(^_^)/~

 

(12~14ページ目)→→→ コチラ

 

先ずはおさらい

12ページは

・大きい項目(Ⅱ)「取引条件に関する事項」の

小さい項目(9)「宅地又は建物の契約不適合~」について

(先週はここまで)

・大きい項目(Ⅲ)「その他の事項」の

・小さい項目(1)「添付書類」について

・小さい項目(2)「その他」について

 

続きを見ていきましょう

それでは二項目め

大きい項目の(Ⅲ)

「その他の事項」の

小さい項目(1)

「添付書類」についてですね

 

この度の「重説」

説明をするために必要であった

たくさんの書類

ひとつひとつが重要です

 

不動産の世界って

一般の方々

みなさまにとっては

知らない世界のことばかり

 

それを1時間程度で

説明をする側も受ける側も

理解して頂くのも理解するのも

大変なことですね

 

説明をしたからもういいじゃん

ってことでは決してありませんが

説明をしなかったら

責任問題にもなる「重説」

 

そんなことが無いように

先ずは確認

もちろん解らなかったことは

後日いつでも説明いたします

 

その時の最新の内容を

お伝えするものです

将来はかわるものもあるもの

 

先日の静岡・熱海の

盛り土問題

将来の重説の内容に

加わることでしょう

 

法律が改正になるたびに

項目が増えていきます

バージョンアップですね

 

よって将来は変わるもの

重説もよりよくなるものと

いうことと認識しておいて

いただけるといいでしょう

 

 

内容に戻ります

1.の売買契約書に(案)とあります

「重説」のあとに契約書を

読み交わしますので確認の際に

誤字脱字等がある可能性等を加味して

(案)と表しています

 

2.は登記簿謄本とも言ったりします

土地の所有者や広さ

借入等の有無・権利関係の確認ができます

 

3.は土地の番号を確認する

地図のようなもの

実際の現況や地図と似ても

似つかわしくない場合もあります

 

4.は土地を測量した図面

上記の2・3・4は法務局にて

誰でも取得できます

 

5.は道路の測量図のようなもの

市役所等にて取得します

 

6.は土地の測量の際に確認のために

境界標等を一覧にしたもの

 

7.はわれわれ不動産業者が「重説」を

説明する際に説明資料としてお渡ししているもの

 

(説明資料)→→→ コチラ

 

8.は建物に掛かる各書類(各物件による)

 

9.は法務局で取得する建物の登記図面

 

10.は水道・下水・雨水・ガス等の台帳

水道局や市役所、ガスは都市ガスですので

東京ガス等に依頼して取得します

 

11.は先週の前項の保証保険契約の内容

 

12.及び13は市役所等にて

所得できるもので確認をします

 

 

以上がこの度の「重説」に

関わる書類たち

かいつまんでの説明で恐縮ですが

各物件についてひとつひとつ違うもの

 

それぞれを調べて説明をして

最後に資料すべてをお渡し致します

 

【その③に続く~】

 

 

 

 

土地や建物を購入する最大の目的は

対象地に住まうこと

その目的に適うものか

を確認しないといけませんね

 

わたくしたちが住んでいる地域の

一部には家が建てれない地域があります

もし家を建てる目的で購入して万一

建てて住めなかったら、大問題ですね@@;

 

そんなことがないよう

当たり前のことですが

地域のことを理解し活かせるよう

確認をするのが「重要事項説明書」

 

すべての土地にいろいろな

ルールがある

と認識していただければ

と思います

 

 

 

ひとりひとりの人生がすべて

違うように

ひとつひとつ

すべての不動産に同じものはありません

 

ご検討されている不動産について

気になるところがありましたら

実際に行ってみてチェックをしたり

わたくし^^の目線で

アドバイスできればと思います

いつでもご相談くださいませ^^

 

不動産購入って大変ですし

骨が折れますね

今回の一例は、

「重要事項説明書」に関すること

 

ご検討の不動産がございましたら

どうぞご相談くださいませ

そのひとつひとつにあわせて

サポートさせていただきます

 

わたくし、そんなご縁を大切に、

みなさまの幸先のいい人生を後押し

させていただければわたくしも

嬉しい限りです^^

 

 

 

 

トップへ戻る