当社の新型コロナウィルス感染症拡大防止への取り組み→→→こちら

保育園落選率

今朝の新聞、保育園落選のニュースに、藤沢市が落選率が高い自治体として掲載されていました。

藤沢市は落選率38.5%で、不名誉なランクイン。

保育無償化を当て込んで、今までなら申し込みしなかった層や、既に保育園や幼稚園に入れていても、別の保育園に入れたい人の応募、ダメ元で応募する他の自治体の人なども含まれていて、必ずしも待機児童の人数を表しているものではないのだそうですが、やはり胸を張れる数字ではありません。

市内でも、応募者が多いところ、少ないところのばらつきが多いです。

もう少し、何とかならないものなのかぁ、思います。

トップへ戻る