条件交渉

繁忙期が終わり、お部屋探しには良い時期になりました。

入居者確保のために、賃料を改定したり、初期費用を下げたりする物件も増えてきています。

時々ご相談いただくのが、「もう少し賃料が安かったらこの部屋に決めたいけど」「初期費用がもう少し安くなりませんか」ということです。

不動産の場合は、すべてが一点ものです。

定価があるわけではありません。

契約は、大家さんと借主さんの合意によるものですので、お互いに折り合いがつけば契約は成立します。

交渉することはタダですので、ご希望があれば大家さん、管理会社に相談をさせていただいています。

遠慮なくご依頼ください。

 

ただし、中にはそういう交渉を嫌う大家さんもいらっしゃいます。

一旦賃料を下げてしまうと、ゆくゆくは、他の部屋も全て下げてしまわなければならなくので、条件交渉には応じていただけないことも少なくはありません。

また、お客様が多い繁忙期には交渉できないこともあります。

 

当社も管理会社ですので、条件交渉の相談を受けるケースが多いのですが、一番困るのは、条件交渉だけで終わってしまケースです。

条件交渉をする際は、やたらめったらではなく、ある程度お部屋を絞ったうえでお願いしたいと思います。

 

 

今日のベルマーレは、ベルマーレにもゆかりのある高木琢也さんが監督を務める「V.ファーレン長崎」との一戦。

浦和レッズ、ガンバ大阪に勝利した後、ピリッとした試合がありませんでしたが、今日はゆっくり見られました。