礼金とは

前回は「敷金」についてブログに掲載しました。

今回は、「礼金」を取り上げたいと思います。

 

Yahoo!辞書には、「部屋や家を借りるとき、謝礼金という名目で家主に支払う一時金。」とあります。

そのまんまですね。

 

敷金」は契約終了時まで預けている自分のお金でしたが、「礼金」は、お部屋を借りる時にかかる経費そのものです。

関東では、長く礼金2か月というのが慣習でしたが、今はほとんどのお部屋が賃料の1か月分になっています。

不動産仲介会社は、入居者様からいただく仲介手数料のほかに、オーナー様から1か月分を「広告費」というような名目の費用をいただくことが多いのですが、この「礼金」がその原資となります。

 

部屋余りの現在は、オーナー様が出費覚悟で、「礼金ゼロ」というお部屋も増えています。

これは、そのまま「オトク」につながります。

 

初期費用を抑えたい場合は、全体の費用はもちろんですが、ぜひ「礼金」に着目してみてください。

 


毎週火曜日は、賃貸をお探しの方にお役に立つブログを掲載します。