部屋の向き

お部屋選びの際、大事なことのひとつに、「部屋の向き」があります。

日当たりは大事です。

賃貸住宅の場合、リビングの開口部の向きを指します。

 

人気があるのは、「南向き」です。

ですが、私は窓が一方向しかない場合は、「南西向き」がイチオシです。

理由は、「南向き」よりも「日が長い」ということです。

真南だと、夕方には陽ざしが無くなりますが、西に向いていれば、陽が沈むまで明るさが部屋に入って来ます。

「西日」を嫌う方もいますが、冬などはやはり陽ざしはありがたいものです。

賃貸住宅も二重サッシのところが増えていますし、遮熱カーテンなどを上手に使えば、さほど苦にならないのではないかと思います。

 

もちろん、二方向、三方向に窓があるに越したことはありません。

メインの開口部は大きい方が良いと思いますが、その他はたとえ小さくても、お部屋の明るさが違います。

北側の窓も、陽ざしはなくとも、外の明るさが入って来ます。

とはいえ、すぐ近くに高い建物があったり、山があったりすれば、部屋の向きが良くても日陰の悪いお部屋になってしまいます。

 

グーグルマップのストリートビューで、周囲を確認すれば、おおよその見当はつくかと思いますが、やはり実際に現地で確認するのがイチバン。

当社は、全ての部屋を現地で確認しています。

 


今回から、賃貸をお探しの方にお役に立つブログは毎週水曜日にお引越しします。