当社の新型コロナウィルス感染症拡大防止への取り組み→→→こちら

ドアの向き

おかげさまで、今日も充実した一日でした。

3月にお申込みいただいた大手ハウスメーカーの新築物件、再三の竣工日変更で、昨日、1件お引渡し、1件ご契約でした。

ほぼ建物が完成したところで、部屋を見せてもらったのですが、階段からLDKに入るところのドアの開きの方向がチガウ!!

募集図面では、LDK側にドアが開くようになっているのですが、実際のお部屋では、階段側に開くことに。

MA-700057803-001-00203-01_M

設計図通りだと、スイッチが押しにくい、という理由で現場の判断で変更してとのこと。

でもそれでは、階段側に人がいるときに、LDK側からドアを開けたら、階段を転げ落ちてしまうかも。

すぐに営業さんに電話をし、ドアの向きをLDK側に変更してもらうよう依頼しました。

 

そして後日、営業さんから、「施工側としてはコストがかかるので変更できない」という回答。

久しぶりに激してしまいました。

「●●社は、入居者の安全よりコストを優先するのか!!」

「重要事項説明の時に、「階段から落ちても安全です」と、営業さんが説明してくれ!!」

ガチャ!!

 

数日後に、「すみません、ドア直しました。」との電話をいただきました。

当たり前のことですが、きちんと対応していただけました。

営業さん、怒って申し訳なかったけど、お金儲けより、まずは”Safety First” です。

トップへ戻る