副市長との意見交換会

今日参加した、郷土づくり推進会議の前半は副市長との意見交換会でした。

テーマは、地域包括ケアシステム。

今後の一番大きな地域課題だと思います。

市からも大勢の職員がこられ、オブザーバーも多数参加しました。

 

藤沢市では、”藤沢型”地域包括ケアシステムと称して、国が進めている高齢者を対象としたものを、もっと広く全世代を対象にしたものにしようをしています。

もともと地域包括ケアシステムそのものが難しいのに、藤沢市はさらに独自システムを立ち上げようしており、何度市の説明を聞いても、概念的な話ばかりで、なかなか具体的な内容に落ちていきません。

 

結局のところ、「行政ではもう手が回らないので、地域の人たちで出来ることは地域でやって」ということが、地域包括ケアシステムの本音だと思います。

であれば、「行政が出来ること、地域に協力してほしいこと」を明確にして議論をスタートした方が分かり易いのではないかと思います。

今出来ることにも取り組みつつ、その上での、”藤沢型”への取組みの議論ではないかなぁと思います。

 

とはいえ、地域で生きていくには、そう遠くない将来に現実にやってくること。

自分のこととして考えていきたいと思います。