定期建物賃貸借契約

今日は定休日でしたが、昨日3件お申込みいただき、その確認、手続きで結局出勤、営業しておりました。

時間がいくらあっても足りません・・・。

 

先日仲介した案件。

いわゆる賃貸併用住宅なのですが、大家さんが、「同じ屋根の下で、どんな入居者なのか不安」ということと、「将来的には親族が住むかもしれない」ということで、通常の契約ではなく、「更新型の定期借家契約」を提案しました。

一般的な賃貸借契約は、大家さん側からは、正当事由がない限り、解約することはできませんが、定期借家契約の場合は、理由のいかんを問わず、大家さん側から契約満了時点での解約をすることが出来ます。

もちろん入居者さんと同意すれば、更新をすることも出来ます。

ご入居者にもご理解していただいて、賃貸借契約を締結しました。

まだまだ「定期借家」に抵抗感がある方が多く、一般的とは言えませんが、大家さんと同じ建物内や同じ敷地内などの場合は、積極的に活用してもいいのではないかと思います。

写真は参考にさせいていただいた本。

詳しくは→こちら

Tagged on: