新型コロナウィルス感染症拡大防止への取り組み→→→こちら

藤沢人気

スタッフブログ代表早坂浩治のブログ

文春オンラインに、次のような記事がありました。

 

 

ライターは、不動産ビジネスでは有名な方。

私も何冊か著書を読んでいます。

 

コロナ禍で、藤沢に大勢移住してきているのは、本当に実感しています。

一昨年の最初の緊急事態宣言中、当社も休業し、これから不動産屋はどうなってしまうんだろうと思っていましたが、緊急事態宣言が開けた途端、一気に賃貸のお客さまが増え、年中繁忙期のような状態になっています。

昨年の2月頃から、売買のお客さまも増えだし、GWが終わる頃には、この数年の在庫はすべて売り切れたような状態になりました。

その後に売り出した物件は、じわじわ値が上がり、今では、コロナ前と比べると3割アップ位になっています。

それでも、条件の良い物件はあっという間に売れてしまいます。

東京から来られるお客様にとって、藤沢の物件はそれでもお手頃で、そして何よりも空が広い、と気に入っていただけます。

不動産会社としては、嬉しい悲鳴でもある一方、ここに来て、質の良くない物件も出てきているように思います。

また、じっくり探されている地元のお客様に、ご納得のいくお手伝いがしにくくなっているのも事実です。

この状況、村岡新駅が出来て、ある程度需要と供給のバランスが取れるまで、ずっと続くんでしょうね。

とは言え、不動産が動いているのは地元の発展には良いことです。

当社も、地元の不動産会社としてお役に立てるよう、頑張ります。

 

村岡空中撮影

 

トップへ戻る