IHクッキングヒーターについて

賃貸でも、IHクッキングヒーターが設置されている物件が増えてきました。

・火を使わないので安全

・汚れにくく、掃除が簡単

・温度調節機能など便利

というのが、アピールポイントになります。

また、退去時のメンテナンスでも、ガスコンロと比べると、キッチンの汚れが格段に違うので、コストはかかりますが、それを理由として導入されるオーナーさんも多いと思います。

 

一方で、「ガスと比べると火力が弱い」というイメージはまだあって、敬遠される方もいます。

実際、IHクッキングヒーターが出始めたころは火力の弱いものが、多かったと思います。

ですが、最近は高火力のものが主となっています。

見分け方ですが、100Vか200Vか、ということです。

200Vのものであれば、ガスコンロと火力は遜色ないと思います。

200VのIHクッキングヒーターかどうかは、お部屋の分電盤を見ればわかりますので、内見の際、不動産会社の担当者に聞いてみてください。

 

また、ラジエントヒーターというものが組み込まれているものもあります。

IHクッキングヒーターと違い、ヒーター自体が発熱します。

火力は弱いのですが、餅を焼いたり、海苔をあぶったりすることができます。

また、IHクッキングヒーターの場合、今までの鍋、フライパンなどが使えなくなる場合がありますが、ラジエントヒーターは、今までの鍋、フライパンを使うことができます。

1つあると便利だと思います。

発熱するので、紙を置いたりすれば燃えることがありますので、ご注意を。

 


毎週水曜日は、賃貸をお探しの方にお役に立つブログを掲載します。