家賃保証サービスについて

賃貸契約の際に、「連帯保証人」が必要なことは前回のブログで書きましたが、その「連帯保証人」がいない場合に代行してくれるのが、保証会社の「家賃保証サービス」です。

連帯保証人は、親や兄弟などの親族で、一定の定収入がある方にお願いするのが一般的ですが、もう亡くなっていたり、年金生活でお願いできなかったりすることもあります。

知人・友人などには迷惑をかけたくない、という方も多いと思います。

その場合に活用できるのが「家賃保証サービス」です。

 

家賃保証サービスでは、借主が家賃を滞納した場合に、借主に代わり、貸主に支払ってくれます。

また、更新料や退去時の原状回復費用なども同様です。

 

借主は、自分自身の信用だけで契約できるので、連帯保証人を誰かに依頼するという煩わしさがなくなります。

貸主にとっても、確実に賃料等を回収できるというメリットがあるので、安心して部屋を貸すことができます。

 

貸主に代わり支払ってくれる、といっても払わなくてもよいと言ことではなく、保証会社からは立替えた金額+手数料は請求されます。

家賃保証サービスを受けるには、保証会社と保証委託契約を結びますが、事務手続きは不動産仲介会社が行ってくれます。

保証委託料は、初回に月額賃料等の50%~100%+1年ごとに更新料として1万円や、契約時に2万円+月額1%などがさまざまなプランがあります。

ほとんどの場合、管理会社または仲介会社が指定しています。

 

最近は、連帯保証人不要で家賃保証サービス必須、という物件も増えています。

初期費用のひとつとして、小さくはない金額ですので、ぜひ事前に確認してみてください。

 

 


毎週火曜日は、賃貸をお探しの方にお役に立つブログを掲載します。