構造と生活音

お部屋選びの際に、お隣、上下階の生活音を気にされる方は、たくさんいらっしゃいます。

小さいお子さんがいる家庭なら、迷惑をかけにくいところ、というのを条件されている方も多いです。

 

アパートよりマンションの方が音が聞こえにくい、というのが一般的な認識かと思います。

鉄筋コンクリート造、重量鉄骨造ならマンション、木造、軽量鉄骨造ならアパート、というのが建物の種類になります。

 

ここで注意する必要があるのは、マンションの方がアパートよりも遮音性が高いという思い込みです。

 

転勤コンクリート造、重量鉄骨造、木造、軽量鉄骨造というのは建物の構造です。

建物の骨組みが何で出来ているかということなのですが、鉄筋コンクリート造だからと言って、全ての壁や床・天井が鉄筋コンクリートで出来ているとは限りません。柱や主要な壁は、鉄筋コンクリートでも、その他は、木造と同じ材質、つくりのこともあります。

最近は、木造でも音の配慮を売りにしている物件も出てきています。

 

一見しっかりしたつくりのようでも、ちょっとした音(小さいお子さんのチョコチョコ走りや、おもちゃや食器を落とした音など)が上下で音が伝わってしまうことや、水周りの音が反響してしまうことも良くあります。

期待していた分、がっかりが大きくて、かえって気になるということもあるように思います。

音は、個人の感じ方の問題なので、私が言うのもなんですが、住んでみないとわからない、というのが正直なところです。

むしろ、お隣、上下の方の家族構成や生活リズムに左右されることの方がずっと多いと思います。

音の問題は、お互いさま、ゆったりした気持ちで受け止めることが一番かなぁ、と思います。

お隣、上下の方と顔見知りになっていれば、知らない間柄よりも、ずっとお互いのことを配慮できるのではないでしょうか。

 

完全な防音と言うのは賃貸の場合はなかなか難しいと思います。

分譲賃貸は、その点ではやはり優れていると思います。(もちろん当たりハズレはあります)

それでも、どうしても防音にこだわりたいという方は、田舎の一軒家でしょうか。

 


毎週水曜日は、賃貸をお探しの方にお役に立つブログを掲載します。