連帯保証人とは

賃貸契約をする時に必要になる、連帯保証人について、お話ししたいと思います。

当社が使っている賃貸契約書のひな形には、下記のように記載してあります。

 

「連帯保証人は、乙(借主)と連帯して、本契約から生じる乙の債務を負担するものとする。」

 

要は、借主と「全く同じ責任を負う」ということです。

賃料の支払いはもちろんのこと、原状回復や、入居者間のトラブルで相手に損害を与えてしまった場合などにも責任を負わなければなりません。

思わぬ多額になることもありえます。

 

また、連帯保証人が、貸主から家賃の滞納の支払を請求された場合などは、「借主に請求して」と断ることは出来ません。

 

貸主からすれば、借主が支払い能力が無くなったり、病気やけがで支払い行為ができなくなったり、行方不明になった時などいざという時にも、連帯保証人に請求できるという安心感があります。

また、連帯保証人は重い責任があるので、連帯保証人がいる身元のしっかりした人、という安心感もあります。

 

連帯保証人は、親や兄弟などの近親者で、財産や定収入のある方になるケースが多いです。

貸主(及び管理会社)は、借主はもちろんですが、連帯保証人についても審査を行います。

先日、神奈川県内のアパートで大きな事件がありましたが、そういうことからも、連帯保証人のもつ意味合いというのは、大きくなると思います。

 

どうしても、連帯保証人が立てられない場合は、保証会社というのがあります。

保証会社については、また改めて掲載したいと思います。

 


毎週火曜日は、賃貸をお探しの方にお役に立つブログを掲載します。