水道みち

連日、上空を米軍機が飛来しています。

北朝鮮関連で、いろいろな懸念が報道されていますが、何も起きないことを祈ります。

 


 

当社管理物件のハナミズキの前を、通称「水道みち」「横須賀水道みち」という道路が通っています。

これは、大正10年(1921年)に出来た道で、横須賀海軍に水を供給するために、県北部の宮ヶ瀬ダム付近から約53kmの水道管を埋設してできた道路です。

 

愛川~厚木~海老名~綾瀬~藤沢~鎌倉~逗子~横須賀をほぼ直線で結びます。

藤沢市内は、ほぼ真っすぐ、村岡周辺では一直線です。

 

太平洋戦争の東京方面の空襲の際は、道が真っすぐなため、東京方面から硫黄島に帰還する米軍機が、目印にしており、そのために周辺は爆撃をまぬかれたのだとか。

 

晴れた日は、気持ちの良い道路です。