6年越しの土地売却

今日は2年前に売却の相談をいただいた土地の決済でした。

 

もともとは、古い抵当権がついた土地。

家主がお亡くなりになってから、長い間放置されていましたが、その土地を引き継いだ方が6年前に売却を決断され、消滅時効を原因とした抵当権抹消登記手続訴訟、隣地との境界協議などを経て、売却できる条件が整ったのが、昨年の10月。

その間に、4度の相続と2度の分筆、隣地の交換、工作物の越境問題など、いろんなことのある土地でした。

 

当社も、分筆、越境問題解消の協議、境界確定、農地転用などをお手伝いさせていただきました。

昨年末には、お申込みいただいたお客様から、契約日当日にキャンセル。

紆余曲折を経て、何とか今日を迎えることができました。

 

売主が6名、識別情報は24通、売主様も本当に大変だったと思います。

今日は久しぶりにみんな集まったのだそうです。

最後の最後までバタバタしましたが、お客様のお役に立てたと思います。

私も心に残る取引になりました。