当社の新型コロナウィルス感染症拡大防止への取り組み→→→こちら

25年

阪神・淡路大震災から25年。

高速道路の橋脚が倒れ、周囲が炎に包まれている映像が、私の頭の中に強く印象に残っています。

この時は、震災の後に実際に現地に行きましたので、本当に衝撃的でした。

 

この時以来、防災や支援などの活動は、積極的に行われるようになりました。

でも、災害に強いまちづくり、家づくりという点では、法整備が行われているものの、まだまだ建設会社、不動産会社、銀行などの利益が優先されているのではないか、と思うことがしばしばあります。

災害は、いつどこで起きるかわからない、というのが教訓です。

関東大震災では、藤沢も甚大な被害を受けたことが記録されています。

地元の不動産として、目先の利益ではなく、安全で安心なまちづくりに寄与することも考えながら、活動していきたいと改めて思います。

 


トップへ戻る