火災保険料について

お部屋を借りる時にかかる費用のひとつに、火災保険料があります。

 

この火災保険に入っていただくのは、「大家さんに対する賠償責任を補償(借家人賠償責任保険)」するのが一番大きな目的となります。

日本には「失火責任法(失火ノ責任ニ関スル法律)」という法律があり、失火で隣家を類焼させても重大な過失がなければ、隣家の損害を賠償する責任はありません。

ですが、賃貸住宅の場合は「原状回復義務」があるため、借りている部屋を焼失させて場合なども、元に戻して返さなければなりません。

これには、多額の費用がかかります。

そのため、その備えとして保険に入っていただく必要があります。

大家さんは、隣家からのもらい火などに対する備えとして、建物の火災保険に加入しており、その火災保険を適用することも可能ですが、その場合は、借主に対して、その保険会社が求償してくることもあるようです。

 

また、「個人賠償責任保険」にもセットでご加入いただくことがほとんどです。

水漏れを起こして階下の入居者に迷惑をかけた場合などに備えるものになります。

パソコンのデータに損傷を与えた場合などは、思わぬ高額になることもあるようです。

 

そして、ご自身の「家財に対する保険」になります。

「大したものはないから入らなくていい」という方も時々いるのですが、それはできません。

上記の「借家人賠償責任保険」と「個人賠償責任保険」は「家財保険」の特約扱いだからです。

家財保険では、火災はもちろんのこと、落雷による電子機器の故障や、盗難(現金も)なども補償されます。

 

多くの不動産会社は、取り扱いの保険会社があり、賃貸契約時、更新時にセットでおすすめしています。

ぶっちゃけ、不動産会社にとってはこれも大事な収入源なのです。

当社も同様ですが、無理のない保険を勧めさせていただいています。

 

少しでも初期費用を抑えたい、という方も多いと思いますが、自分を守るための必要経費だとお考えいただければと思います。

この数日、夏に戻ったような陽気が続いています。

 


毎週火曜日は、賃貸をお探しの方にお役に立つブログを掲載します。