入居審査について

お部屋の申し込みをすると、必ず入居審査があります。

審査するのは、

・家賃保証会社(利用する場合)

・管理会社

・貸主

です。

審査の内容は、

①家賃が毎月確実に支払えるか(賃料支払能力)

②その物件にふさわしい人か

の2点です。

審査の基準は、通常公開されていませんので、断定的なことは言えませんが、おおよそ次のようなものです。

①賃料支払能力

 月収の25%~35%程度を賃料の上限目安としていることが多いようです。

 大手管理会社の場合は、ローンの支払いなども加味する場合もあるようです。

 ご家族の方に収入がある場合は、合算して申込することも出来ます。

 現時点で収入が少ない場合には、預貯金残高などで確認してもらえることもあります。

 これらのことは、保証人についても同様の審査を行います。

 時々、「保証人がしっかりしているから」というケースもありますが、その場合はその保証人様に契約者となっていただくこともあります。

 

②その物件にふさわしい人か

 要は、物件のほかの入居者とのバランスです。

 男性の単身者ばかりのところに、小さなお子さんのいる家族だったり、生活のリズムが違っていたり、などです。

 貸主にとっては、近隣とトラブルを起こさなそうな人か、というのが一番の関心事です。

 反社会的勢力は論外ですが、きちんとした受け答えが出来る人か、ということもチェックしています。

 

入居審査を受ける際に注意していただきたいのは、まずは嘘を書かないということです。

嘘が後で発覚した場合は、契約解除になることもあります。

それと、記入すべきところは全て記入するということです。

特に家賃保証会社は中味の審査の前に、型式審査をします。

書き漏れがあると、「きちんと書かない人」という評価受けることもあります。

※以前、当社でお申込みしたお客様で、電話番号が間違えているという理由で審査が通らなかったことがありました。

 

審査は即日~3日くらいかかります。

中には1週間くらいかかることもあります。

申込みの際には、どれくらい日数がかかるか、確認してください。

現在のお部屋の解約通知は、審査が通過してからをお勧めします。

 


毎週水曜日は、賃貸をお探しの方にお役に立つブログを掲載します。