契約アンペアについて

お部屋には、電力を引き込む分電盤というものが必ずついています。

そして、そこにアンペアブレーカーというものがついています。

アンペアブレーカーは10A、15A、20A、30A、40A、50A、60Aがあります。

これは、同時に使える電流を表しています。

30Aであれば、同時に3000Wまで使える、という意味になります。

 

逆算すると、電子レンジの1000Wは、10Aということです。

その他に照明や冷蔵庫、テレビ、エアコンなどを使えば、それが加算されていき、オーバーするとブレーカーが落ちて停電となります。

たびたびブレーカーが落ちるようであれば、アンペア数を大きくする必要があります。

このアンペア数の変更は、電気会社にお願いすれば、無料で行ってもらえます。

ただし、アンペア数が大きくなると、基本料金が高くなりますので、ちょうどいい加減で設定してください。

 

それぞれの電気機器の電力量は、取扱説明書に記載されています。

東京ガスのホームページにも、おおよそのアンペア数の目安が記載されていますので、参考にしてみてください。

http://www.tepco.co.jp/e-rates/individual/basic/ampere/subwin-j.html

 

最近は、スマートメーカーが増えました。

スマートメーターの場合は、アンペアブレーカーがついていませんが、アンペア数の変更は、遠隔で行われます。

賃貸住宅の場合は、いらぬトラブルを防ぐため、アンペア数を変更する際は、管理会社にひと言お伝えいただければよいと思います。

 


毎週水曜日は、賃貸をお探しの方にお役に立つブログを掲載します。