新型コロナウィルス感染症拡大防止に取り組んでいます。→→→こちら

申込み時に準備しておきたいもの

内見をして、気にいる物件が見つかったら申込みをします。

申込みの時には、次のものが必要になります。

 

①勤務先の情報

名称、住所、電話番号はもちろんですが、会社の規模(資本金、年商、従業員数)なども記載していただきます。
名刺があれば、不動産会社に渡していただくと、信用度が増すと思います。

 

②収入の情報

申込み時に、家賃の支払い能力を示す必要があります。
会社員の方 … 前年度の源泉徴収票 または 直近3か月分の給与明細
自営の方  … 直近の確定申告書
年金受給の方… 年金額改定通知書・年金振込通知書 または 受給のわかる預金通帳
これから勤める方… 内定通知書
定期収入のない方… 預金通帳
原本は求められるまで提出する必要はありませんが、いずれ必要になりますので、確認しておいてください。

 

③身分証明書

運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなど顔写真付きの身分証明書が望ましいです。
ない場合は、健康保険証を用意してください。
また、会社勤めの方は在職証明となりますので、両方提示していただくと良いと思います。

 

④連帯保証人または緊急連絡先の情報

最近は連帯保証人不要の物件がほとんどですが、まだ連帯保証人が必要な物件もあります。
その場合、住所、氏名、電話番号のほかに、勤務先の情報、年収も必要になります。
緊急連絡先の場合は、年収等の情報は必要ありませんが、入居審査で、本人確認の連絡が入る可能性がありますので、お願いできる方を想定しておいてください。
連帯保証人・緊急連絡先は、別居の親子・兄弟・叔父叔母等にお願いするのが一般的です。
生年月日が分からない、という方が多くいらっしゃいます。
親の場合は、がっかりしてしまうと思いますので、特に確認しておくことをお勧めします。

 

印鑑は申込み時には必要ありませんが、あれば良いと思います。


毎週水曜日は、賃貸をお探しの方にお役に立つブログを掲載します。

トップへ戻る