新型コロナウィルス感染症拡大防止への取り組み→→→こちら

広告サイトに同じ物件が複数載っている理由

スタッフブログ賃貸お役立ちブログ

お部屋探しを始めた方のほとんどが、
まずはじめに不動産広告サイト(アットホーム、SUMMO、home’s、Yahooなど)
をご覧になるかと思います。

ご希望の条件を入力し、検索すると、同じ物件なのに複数の不動産業者から
広告が出ていて、どれを見たらいいのか分からない!ということはありませんか。

同じ物件が複数掲載される理由を解説します。

そもそも、不動産業者の広告は貸主様からの依頼で、入居者様の募集活動
(=広告サイトへの掲載等)を行いますので、貸主様側の不動産業者
(=物元(ぶつもと)業者といいます)がまず広告を出します。
また、貸主様が複数の業者へ広告依頼をし、物元業者が複数居ることもあります。
これで1件目+αですね。

 

次に、物元業者が出した広告を見て、自分たちも広告を出させてくれないかと、
物元業者に確認し、了承がもらえるとお客様が欲しい不動産業者
(=客付(きゃくづけ)業者といいます。)も広告を出します。
これでもう1件増えます。

 

あとはこの客付業者の数だけ、広告が増えていくという仕組みになっていて、
お客様から見ると、同じ物件なのに複数の業者から広告が出されている状態となります。

さて、理由はご納得いただけたかと思いますが、
問題なのが、この広告の中に気に入った物件があって、初期費用を計算した際、
業者によって初期費用が違うことがあるということです。

詳しくは別の記事でも紹介しておりますが、客付業者が独自のサービス
付帯していることがあります。

 

物元が出している広告と出会えれば、一番シンプルな条件で
ご契約いただけますが、広告サイトでは見分けづらいので、
良心的な不動産業者と付き合うことが大切になってきます。

不動産はご縁とよく言われますが、物件だけではなく業者選びにも良縁が必要です。

 


毎週1回、賃貸をお探しの方にお役に立つブログを掲載します。

トップへ戻る