村岡歴史散歩

昨日は、藤沢市が実施している生涯学習大学放送通信コース「村岡の歴史をひもとく」の特別授業「村岡歴史散歩」に参加。

申込者が多く、外れていたのですが、前日にキャンセルが出て、繰り上がりで参加させていただきました。

村岡宮前ローカルサイトから、宮前御霊神社神社裏の古道、兜松などを経て村岡城址公園二伝寺日枝神社に至るコースを講師の石塚勝先生の解説を聞きながらの散歩。

事務所からの往復も含め約10Kmの道のりでした。

 

普段から身近な場所で、本などでも読んでいるのである程度知っているつもりでしたが、本にはない豆知識もたくさん教えてもらい、とても参考になりました。

 

中でも一番は、平良文に関する考察。

村岡地区では、古くから坂東八平氏の祖である平良文が村岡五郎と称し、居を構えた場所と伝えられてきました。

ですが、今回の「村岡の歴史をひもとく」では、江戸後期に村岡在住の歴史家によって創り出され、広まっていったのではないかとの説が提起されました。

誰も見た人はいないので、真偽は定かではありませんが、それも私の中では、歴史ロマンということにしておきたいと思います。