ハザードマップ・避難所の調べ方

「平成30年7月豪雨」、甚大な被害が広がっています。

報道を見るにつけ、言葉もありません。

 

今回のことは、いつでもどこでも起きうることとして、備えることが必要だと思います。

リスクがどの程度あるのかを知るには、ハザードマップが役に立ちます。

ハザードマップは、ほとんどの自治体が、ホームページで情報公開していると思いますが、国土交通省のホームページでは、全国のハザードマップが一覧できるようになっています。

→→→国土交通省ハザードマップポータルサイト

村岡地区は、横浜市、鎌倉市と接していますが、崖の上が鎌倉市、その下が藤沢市、というような場所もあります。

そういう時には役に立つと思います。

 

 

また、いざという時の避難場所も家族全員で確認し、実際に歩いてみると良いと思います。

→→→Yahoo! JAPAN避難所マップ

ちなみに私の自宅から最寄りの土砂災害避難所に行くには、土砂災害警戒区域を通る必要があります。

なかなか難しい判断です。

 

いろいろなところに防災情報が氾濫しています。

でも一番は地元の町内会等がまとめたものが、一番現実的だと思います。

先日のブログでも記しましたが、村岡地区では、地区内に特化した情報を集約したホームページを作成しています。

→→→防災むらおか

 

 


毎週水曜日は、賃貸をお探しの方にお役に立つブログを掲載します。