間取りのK、DK、LDKとは

お部屋の間取りは、2K、2DK、2LDKなどと表記されます。

知っている方も多いとは思いますが、改めて。

 

最初の数字は、居室の数を表します。

K=キッチン(台所)

D=ダイニング(食堂)

L=リビング(居間)

です。

「DK」は、「居間と台所の機能が1室に併存する部屋」、「LDK」は「居間と台所と食堂の機能が1室に併存する部屋」という意味です。

ですので、

2K  → 2つの居室+台所

2DK → 2つの居室+台所と食堂の機能が1室に併存している部屋

2LDK→ 2つの居室+居間と台所と食堂の機能が1室に併存する部屋

という意味です。

そして、KとDK、LDKの使い分けは、「不動産の表示に関する公正競争規約」という不動産広告のルールで定められています。

それによると、広さにより下記のようになります。

居室数 DK LDK
1部屋 4.5帖 8帖
2部屋以上 6帖 10帖

DKに満たない場合は、Kと表記されます。

台所の部分が5帖の場合、居室が1部屋なら1DK、2部屋なら2Kです。

台所の部分が9帖の場合、居室が1部屋なら1LDK、2部屋なら2DKです。

ちなみに、台所が居室の中にある場合は、ワンルーム(1R)と表記されます。

 


毎週水曜日は、賃貸をお探しの方にお役に立つブログを掲載します。