エアコンの設置について②

以前のブログで、エアコンを設置する際に、専用コンセントが必要なことを書きましたが、同様に室内機から室外機へつなぐホースを通す穴が必要になります。

いわゆる「スリーブ」といわれるものです。

これがない場合は、電気屋さんに開けてもらわなければなりません。

また、室外機を置くスペースも必要になります。

エアコンを設置する場所の外側が専用庭だったり、ベランダの場合は問題ありませんが、共用通路だったり、屋根だったりの場合は、置くことができない場合があります。

その場合、ウィンドファンや冷風扇など、別の手段を検討する必要もあります。

お部屋の内見をするときは、専用コンセント、スリーブ、室外機置場は、必ず確認しておいてください。

 

余談ですが、エアコンを設置する場合に、壁に取り付けのためのネジで穴をあけますが、一般的には原状回復義務はありません。

 


毎週水曜日は、賃貸をお探しの方にお役に立つブログを掲載します。