新型コロナウィルス感染症拡大防止への取り組み→→→こちら

入居中の修繕

賃貸お役立ちブログ

賃貸にお住まい中に、お部屋で不具合が出ることがあります。

よくあるのは、給湯器の故障や水栓の水漏れ、トイレの水が止まらない、ということでしょうか。

雨漏りしている、戸の開け閉めがしにくくなった、排水が溢れた、換気扇が壊れた、というようなこともあります。

これらは、基本的に大家さんが直してくれることになっています。

遠慮せずに、早めに大家さんや管理会社に依頼をしてください。

そのまま放置したことで、家の傷みがひどくなったり、修繕の大掛かりになり費用が増えたりすると、逆に入居者が請求されることになることもあります。

 

なお、多くの契約書を見ると、「ヒューズの取替え」「給水栓の取替え」「排水栓の取替え」は自分で行って良いことになっています。

ただこれは、古くから使っている不動産業界共通の書式ですので、今の時代とそぐわなくなっていると思います。

昔は、水栓は簡単な仕組みで、誰でも簡単に交換できました。

でも今は、混合栓や排水トラップが普通になっているので、自分で交換するのは、かなり難しくなっています。

まずは、大家さん、管理会社に相談してみてください。

 

今日は売買物件の査定で磯子まで遠征。

天気が良く、気持ちの良いドライブでした。

 


毎週水曜日は、賃貸をお探しの方にお役に立つブログを掲載します。

 

トップへ戻る