徒歩◯分とは

不動産の表示に、「徒歩◯分」というのがあります。
これは、実際に歩いて測っているわけではなく、「不動産の表示に関する公正競争規約(表示規約)」というものにそって表示しています。

この中に、「徒歩による所要時間は、道路距離80メートルにつき1分間を要するものとして算出した数値を表示すること。この場合において、1分未満の端数が生じたときは、1分として算出すること。」とあります。

400mであれば、400÷80=5で5分、1000mであれば、1000÷80=12.5で13分となります。

1分80mというのは、80×60=4,800、時速4.8Kmですので、なかなかのペースです。

 

ここで注意したいのが、信号がある、歩道橋がある、混雑する、坂道などは考慮されていないことです。

同じ400mでも、まっすぐ平坦な道と、坂道で信号がたくさんある道では実際の時間はかなり違います。

 

村岡地区北部は、起伏の多い地形です。

こういう長い坂道とか、

急な上り坂とか、

階段の上だったり。

 

インターネットの地図では、起伏はなかなかわかりません。

また、不動産会社に車で案内されると、実際の道のりもあまり良くわからないと思います。

 

お部屋選びの際は、室内だけでなく、ぜひ一度周辺を歩いてみることをお勧めします。

 


毎週火曜日は、賃貸をお探しの方にお役に立つブログを掲載します。